ダイエット効果があり、健康・美容に良い岩盤浴について、その効果・効能と正しい入浴法を詳しく解説!全国の岩盤浴のあるスーパー銭湯・温泉施設情報「岩盤浴マップ」も掲載中!

岩盤浴の最大のポイント「汗」の機能と仕組み

汗

岩盤浴の最大のポイントである「汗」。
その機能・役割である体温調節と、酵素の「代謝」や汗の「蒸散」の仕組みについて解説します。

汗の役割は「体温調節」

人はなぜ汗をかくのでしょうか?
人が汗をかく理由、それはズバリ「体温調節」のためです。

そもそも人間は、恒温動物という体温を一定の範囲で調節しないと生きていけない生き物です。
人の体温は、通常36℃ぐらいで安定しています。
そもそも、安定しないと生きていけません。

風邪で熱が出て、平温36℃の人が2℃上がって、38℃になっただけでも、頭がフラフラしますよね。
逆に、体温が下がって正常な生体活動の維持に必要な水準を下回ったときに生じる様々な症状のことを低体温症と言いますが、それは直腸温が35℃以下になった場合に低体温症と診断されます。
平温からたった1℃~2℃上がったり下がったりしただけでも、人の体にさまざまな症状が出るのです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

酵素の「代謝」と汗の「蒸散」による体温調節

では、人はどのようにして一定の体温を維持しているのでしょうか?

人が体温を維持し、活動するにはエネルギーが必要です。
エネルギーを作るには、食事を摂ってエネルギーに変える必要があります。
食事を摂取すると、「酵素」が栄養素を分解したり、吸収したりするために活発に働くのですが、その際に熱が発生し、体温が上がります。
この活動を「代謝」と言います。

よく「代謝が良い・悪い」とか「基礎代謝が高い・低い」と言いますよね。
これは、酵素が食事をエネルギーに変える活動が活発かどうかのことを指します。
代謝が良い人は、食事を摂取しても多くをエネルギーに変えることができ、脂肪として体に吸収・蓄積されにくく、太りにくい。
逆に、代謝が悪い人は、食事を摂取するとあまりエネルギーに変えることができず、脂肪として体に吸収・蓄積されやすく、太りやすい。
と、いうわけなんです。

この代謝によって、体温が上がるのですが、このまま体温が上がり続けると、先述のように危険なことになります。
そこで、「」の出番です。
汗をかき、その汗が蒸発するときに、皮膚から気化熱を奪い、体温を下げてくれるのです。
この仕組みを「蒸散」と言います。

運動時も汗をかきますが、これも同様です。
筋肉を動かすと熱エネルギーが発生し、体温が上がってしまいます。
体温が上がり続けると危険なので、これを下げるために汗をかくのです。

つまり、汗のおかげで人は体温を一定に維持することができるのです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 岩盤浴.net All Rights Reserved.